グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 医療機器設備等

医療機器設備等



MRI・CT機器・デジタルX線テレビ透視装置・外科用X線テレビ装置

MRI 磁気共鳴画像装置 Magnetic Resonance Imaging

GE製 Optima MR360 Advance 1.5T

当院ではGE社の1.5T(テスラ)MRI装置を使用しております。
T(テスラ)とは、1平方センチメートルあたりの磁力の大きさを表す単位です。
数字が大きくなるほど磁力も大きくなり、撮影時間が短縮され、 患者様の負担を
軽減することが出来ます。
また、より質の高い画像の描写が可能になり、従来できなかった箇所の検出が
可能になります。

CT コンピューター断層装置 computed tomography

GE製 Revolution EVO ES

CTとは、X線を使って身体の断面などを撮影し、コンピューター処理して軟組織や血管、
骨を鮮明に映し出すものです。
当院ではGE社の64列CT装置を使用しています。
被ばくの低減と画質の向上に加え、検査時間の短縮や、より良い検査環境を提供できる
装置です。

デジタルX線テレビ透視装置

東芝製 ZEXIRA(DREX-ZX80)

昇降式の寝台になっており、消化管の状態を短時間でみることができます。

外科用X線テレビ装置

C型の多方向に動かすことのできるアームを持ったX線テレビ装置で、主に整形外科系手術とその他、
様々な検査・治療で使用しています。

一般撮影装置・ポータブルX線撮影装置等・骨密度測定装置・高気圧酸素治療装置

一般撮影装置(CR)

東芝製 KXO-50R DST-100A
富士フィルム Speedia cs

一般撮影とは、単純X線撮影(レントゲン)のことで、X線を用いて
胸部・腹部・全身の関節や骨などの撮影を行います。

ポータブルX線撮影装置

入院患者様で、撮影室への移動が困難な方の撮影は、ポータブルX線撮影装置にて、病室で撮影を行います。

骨密度測定装置

GE製 PRODIGY Fuga Advance

X線を用いて骨の密度をはかる機器です。
日本骨粗鬆症学会と日本骨代謝学会による「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン」で
推奨されている装置で、患者様に優しい低被曝、短時間の検査です。
骨粗鬆症の早期発見や予防に活用できます。

高気圧酸素治療装置

 ◇高圧酸素治療とは
   私たちをとりまく空気は酸素濃度が21%で、1気圧です。高気圧酸素治療とは、2気圧
   (水深10メートルの圧力に匹敵)以上の環境
を潜水艦のような装置の中で人工的に作り上げ、
   100%濃度の酸素を吸入することで、血液中の酸素含有量を増加させ、全身に酸素を供給する
   治療法です。
   血管の新生や組織修復などに働きかけるため、適応疾患は多岐にわたります。
   一酸化炭素中毒を代表とした体内に蓄積された有毒ガスの洗い出しにも効果があります。
   疲労回復に用いられるいわゆる「酸素カプセル」は1.3気圧程度までで酸素濃度も低く、
   医療用のものとは効果が全く異なります。
   当院はお一人で入っていただく第1種の高圧酸素治療装置を有し、専門医専門技師
   治療を担当しております。


 ◇適応疾患のうち当院で主に扱っているもの
  ・空気塞栓
  ・ガス壊疽
  ・急性末梢血管障害
  ・脳梗塞
  ・網膜動脈及び静脈塞栓症
  ・突発性難聴
  ・放射線または抗がん剤治療と併用される悪用腫瘍
  ・難治性潰瘍を伴う末梢循環障害
  ・脊髄神経疾患
  ・骨髄炎または放射線障害


 ◇留意点
   気圧の変化があるため、耳抜きが必要です。また閉所恐怖症の方には難しい場合があります。
   酸素が多く燃えやすくなりますので、携帯カイロ、喫煙具など火気や熱を発するもの、携帯電話や
   iPodなどの電子機器や金属アクセサリー類を持ち込まないようにし、専用の治療着に着替えていただきます。
   化粧品にも可燃成分が含まれている場合もありますので、お化粧やマニキュア、整髪料をお控えいただきます。
   湿布類も予め剥がしてください。