グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 当院について > ごあいさつ

ごあいさつ


ページ内目次


院長より


当院は、1947年に初代院長山田正明が、地域医療を担うことを信条に開院いたしました。
戦後の医療体制が整っていない中、医院でありながら24時間体制で診療を続けていたと
聞いております。
以来70年に亘り墨田区石原の地で、時代の変化に合わせて病院としての機能を高め、
施設の拡充を行い今日に至っております。近年は、二次救急医療機関としての使命を
果たしながら、訪問看護や訪問リハビリにも力を入れることで、より密接に皆様の生活に
関わって一貫した医療を提供できるようにしております。
皆様に安心して当院にお越しいただけるようにすることが、私共の務めです。
高齢化社会となるにつれ、医療を取り巻く環境は激変しておりますが、これからも
地域の皆様により良い医療が提供できるよう、私も含めて職員一同日々研鑽を積み、
努力を重ねてまいります。
皆様のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

                            

中村院長

中村 能史 院長

副院長より

中村 能人 副院長

                                               
私たち山田記念病院は、救急医療に伴う一般急性期病棟、並びに障害者施設等病棟や
地域包括ケア病棟を運営しております。
地元の方々に、まずは山田記念病院にかかって相談してみよう、と思っていただける
ように、皆様の日頃の生活状況把握に力を入れ、様々な疾患に対応できるよう努めて
まいります。
短い待ち時間、丁寧なご説明など、身近にある病院ならではの特色を生かしつつ、
さらに高度な医療が必要な場合に備え、大学病院などへの連携も密にいたします。

白坂 健太郎 副院長


当院は、地域の病院ならではのフットワークが強みです。
検査や診断はできるだけお待たせすることなく、スピード感をもって対処致します。
また、リハビリスタッフが30名近く揃っておりますので、皆様が元の生活に少しでも
近づけるよう、細やかに心を配ってまいります。
先代院長が乗艦しておりました軍艦「初霜」の錨が、玄関に展示されておりますが、
皆様におかれましても、当院で暫し錨を下し心身ともに休息して、また出航される
おつもりでご来院いただければと思っております。